公認会計士制度70周年記念事業として、デジタルサイネージによるPR動画を掲出しました

公認会計士制度70周年記念事業として、デジタルサイネージによるPR動画を掲出しました

 日本公認会計士協会東京会では、公認会計士制度70周年記念事業として、神奈川県会、埼玉会、千葉会と共同して、PR動画を制作し、下記媒体に掲出いたしましたので、お知らせします。

 本PR動画は、公認会計士資格や、公認会計士制度について聞いたことがあるという程度のビジネスパーソンをメインターゲットとして、公認会計士の更なる認知度向上を図るとともに、公認会計士が会計監査人としての立場だけではなく、CFOや社外役員、内部監査等の組織内会計士としての立場や、企業会計基準委員会や金融庁等での会計・監査制度を維持・設計する立場など、あらゆる立場で会計を中心とするビジネスのインフラを支えていることを広く認知していただくことを目的として制作しております。

 

掲出期間:平成30年7月2日(月)~7月8日(日)

掲出先: JR東日本 車内画面 トレインチャンネル(15秒版)

    (山手線、中央線快速、京浜東北線・根岸線、京葉線、埼京線、横浜線、南武線、常磐線各駅停車、中央総武線各駅停車)

    東京メトロ 車内画面 Tokyo Metro Vision(15秒版)

    ( 銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、半蔵門線、南北線、有楽町線、副都心線)

    日本交通系タクシー 車内画面 Tokyo Prime(30秒版 ※東京都内約4,500台)

 

 なお、東京会ウェブサイトでも平成30年7月2日より平成30年9月末まで公開いたします。

 

<30秒版>

  

<15秒版>

  

 

info_prvideo